PCR検査を倍にしても、収束の可能は低い

 朝日新聞デジタルに「PCR検査を倍にすれば、接触「5割減」でも収束可能?」(嘉幡久敬 2020年5月6日 16時30分)が掲載されている。九州大学の小田垣孝名誉教授(社会物理学)がまとめた内容で、大正7年(1918年)~大正9年(1920年)ににスペインかぜが流行した際にそれを解析するために昭和2年(1927年)に英国で発表された「S…
コメント:2

続きを読むread more