みんなのうた60フェス の司会では林田理沙アナは水を得た魚のよう

 今日は、NHKで「みんなのうた60フェス」が放送された。この中では林田理沙アナは水を得た魚のように生き生きしており、正にこうした歌番組の司会にはピッタリだと感じた。また、ドレス姿が映え、笑顔と色白がひときは際立っていた。林田理沙アナは東京芸術大学音楽学部楽理科卒業、東京芸術大学大学院音楽研究科修士課程音楽学専攻修了の学歴で、これまでも番組で一度だけ、ストリートピアノで1曲だけ演奏して魅了してくれたことがある。子供の頃から音楽に勤しみ、東京芸術大学に進学し、修士課程まで進んでいるのであるから、こうした歌番組の司会には最適ではないか?と思っていたのであるが、今年(2021年)2月27日から、Eテレで不定期で放送されて来た「みんなのうた60フェス」の司会を担当し、今日はそれが総合テレビで実況されたのだ。司会のもう一人はアンバサダーに就任したあのイノッチこと井ノ原 快彦さんであった。イノッチはV6のメンバーではあるが、NHKではNHK総合テレビ『あさイチ』の初代キャスターを8年間務め、あの有働由美子アナがNHKを退局するまで一緒に司会を務めていたから、NHKの女子アナなら誰もビビることはない人物である。この2人の間も息が合っており、首都圏ネットワークでの男性アナとはまるで違っていた。
 NHKの歌番組ではののかアナ(https://dr-kimur.at.webry.info/202104/article_15.html)が一番出番が多いのであるが、初めて林田理沙アナの歌番組の司会を見て、NHKでは一番歌番組に合う女子アナであると実感した。TVを見ていた人の中にもそう感じた人が多いのではないか?
 番組では大学の先輩である石丸幹二さんも出演していたが、林田理沙アナも1,500曲もあるみんなのうたの中の1曲ぐらいは歌えるであろう。是非聞きたかった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント