テーマ:

蝶の幼虫が活動し始めています

 大寒とはいえ、昨日は気温が13.8℃まで上がり、そのせいであろうか、横浜タンポポの花に蝶の幼虫が付いていた。これまではこの時期から蝶の幼虫が動き始めることは無かったから、この冬はやはり余程の暖冬なのだろう。ちなみに、ナメクジはこの冬も現れており、駆除している。           花の茎に蝶の幼虫           花の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黄金色(こがねいろ)のミミズが2匹

 昨日、ベランダに置いてある1.5lのペットボトルを切断して作ったタンポポの鉢に黄金色(こがねいろ)のミミズが這っていた。しかも、それが2つの鉢にそれぞれ1匹づつ、計2匹いたのでさすがに驚いた。赤い色のミミズばかりではないのである。           2匹の黄金色(こがねいろ)のミミズ           黄金色のミミズ …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

カブトムシはバナナが大好き

 カブトムシはクヌギの樹液を吸うが、キューリやナスなどには見向きもしなかった。バナナを輪切りにして与えると丸二日間かぶりついていた。カブトムシはバナナが大好きなのだ。           バナナにかぶりつくカブトムシ           バナナにかぶりつくカブトムシ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蝉の抜け殻と蝉の幼虫

 今日、花壇のグラジョウラスの葉に蝉の抜け殻が張り付いていた。耳を澄ますと蝉の鳴き声が聞こえてくる。また、畑を耕したところに蝉の幼虫が出てきた。もう昆虫の季節でも夏なのだと実感した。           グラジョウラスの葉に蝉の抜け殻           蝉の抜け殻           畑に蝉の幼虫
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蜂の羽化

 開花しつつある秋咲きキバナシロタンポポの花で蜂が羽化している。羽はまだ伸び切ってはいないが、飛べるようになったらいなくなるのだろう。           開花しつつある秋咲きキバナシロタンポポの花で羽化           開花しつつある秋咲きキバナシロタンポポの花で羽化
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シロバナタンポポ/キバナシロタンポポの葉を食べる虫

 セイヨウタンポポには虫は付かないが、シロバナタンポポやキバナシロタンポポには葉を食べる虫が付く。その代表はナメクジであるが、これはシロバナタンポポを栽培し始めた当初から取り除いている。それでも何匹も住み着いており、このナメクジは小さな苗の葉でも食べ尽くしてしまう。  昨日、葉が食い尽くされ、筋だけ残っているシロバナタンポポの株がある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋咲きキバナシロタンポポの開花と蜂-4輪目の2日目

 昨日は秋咲きキバナシロタンポポの4輪目の花が開花したのだが、一杯に開花している日中は外出していて見逃した。2日目にも4輪目の花とその前日から咲き出している3輪目の花も開花し、2輪が開花している。数えるほどしかないと思われた花弁(はなびら)もいつものように普通にある。  シロバナよりもキバナの方が蜂や蝶などの昆虫の眼には良く見えるので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more