東京五輪中止のアピールが池江璃花子選手に向く

 今年になって東京五輪中止の意見が多くなり、今では6割方が東京五輪中止の意見である。2021年4月3日(土)~10日(土)に開催された第97回 日本選手権水泳競技大会(兼第32回東京オリンピック競技大会代表選手選考会)には病気から復帰した池江璃花子選手が2種目(400メートルメドレーリレーのバタフライと400メートルリレー)の派遣標準記録を突破し、オリンピック出場権を獲得している。
 今年の4月はヤフーニュースにコメントする人は東京五輪中止を是とする人ばかりでしかも熱狂的な東京五輪中止論者ばかりであった。一般的には「東京五輪は中止した方が良い」という意見は5割程度であったと思う。私が「東京オリンピックの日本代表選手数が500人超、スタッフを含めた日本選手団は1000人規模になるとみられている。
コロナ禍の中、現在開催中の水泳日本選手権のように無観客になってもTV放送は可能である。オリンピック参加できる日本選手にワクチンを優先接種して、少しでも不安を解消して競技に集中できる環境を整えるべきである。」などとコメントすると、反論が多く、中には東京五輪中止を強要する人もいた。私が、「あなたは、頑張った池江璃花子選手に東京五輪は中止です」と言えますか?とリプライした。まさか、それを言える人など誰もいないと確信していた。しかし、それは全くの間違いであった。
 どういう訳か東京五輪論者の矛先が池江璃花子選手に向いてしまっているのだ。
 池江璃花子選手は東京五輪開会1年前プログラムTOKYO2020に参加してメッセージを世界に発信したので、大会組織委員会側に一番近い選手と思われているからであろう。しかし、1年前は白血病を克服してようやく復帰したばかりであり、とても東京五輪に間に合うとは思われていない頃のことである。
 やはり、日本人は誹謗中傷が好きな民族である。特に、匿名となると堰を切ったように噴出する。もし、マスターズで優勝した松山秀樹選手(https://dr-kimur.at.webry.info/202104/article_22.html)が東京五輪に出場が決定すれば、世界的に名が知られるようになった松山秀樹選手に同じようなアピールが向く可能性もある。

 こうした事態は海外からも疑問が呈せられており、東スポWeb(5/11(火) 16:40配信)には、「池江璃花子への五輪辞退要請いまだ海外で波紋 中国「日本人は頭がおかしいのか」」と題して、中国やインドからも批判があると報じている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント