札幌のサクラ開花500度の法則

 北海道ニュースUHBの【北海道の天気 4/5(月)】に「今春のサクラはいつ咲く?サクラ開花500度の法則」が放送されている。東京の500度の法則(https://dr-kimur.at.webry.info/202103/article_6.html)、400度の法則(https://dr-kimur.at.webry.info/202103/article_13.html)の札幌版である。 
 「札幌のソメイヨシノは、3月1日から毎日の最高気温を足して500度になると開花することが、過去の統計上、わかっています。」と宣言している。
 この「サクラ開花500度の法則」はうるう年の2月29日の後のことなので、「2月1日から毎日の最高気温を足して600度…」などの東京版よりも、その分、信憑性が出て来る。
 横浜の3月の気温は例年の4月並であり、桜の開花前から散るまで単調な陽気が続いた。このままでは4月のうちに夏が来る?とも思われたが、4月には7日頃から寒の戻りがあり、直ぐには夏は来ないようだ。札幌の桜の開花にはこれからこうした寒波の日々もあり、これまで通りに開花が進む訳ではない。それでも今年は早い開花になろうか。

"札幌のサクラ開花500度の法則" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント