テーマ:日常家電

新潟県燕市にあるツインバード工業の全自動コーヒーメーカー(CM-D457)

 新潟県燕市は下町ロケットでは殿村家があるところとして大規模なロケが何度も行われた地でもある。TVでは田んぼが広がる田園地帯として描かれている。  江戸時代には燕村は長岡藩の支藩である三根山藩(新潟県西蒲原郡巻町峰岡)の領地で、長岡・牧野家の分家の領地であった。戊辰戦争の見舞いとして本家の長岡藩に送られた米百俵の物語は有名である。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツインバード工業の全自動コーヒーメーカー(CM-D457)を購入しました

 ツインバード工業のホームページを見ると、2018年10月5日に発売開始した全自動コーヒーメーカー(CM-D457)が家電量販店で展示していることが分かった。早速、戸塚駅東口モディ4Fにあるノジマに寄ってみた。実物を見てみると、「良品無印のコーヒーメーカー(MJ‐CM1)は落第点」(https://dr-kimur.at.webry.i…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

良品無印のコーヒーメーカー(MJ‐CM1)を再修理に出しました

 先日、良品無印のコーヒーメーカー(MJ‐CM1)を再修理に出した。前回に修理に出した(https://dr-kimur.at.webry.info/201801/article_2.html)際の不具合と同一の原因によるものである。この修理から2ヶ月経って、またこの接触不良(E05)が出始めている。そして、遂には、E05のアラームが出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

良品無印のコーヒーメーカー(MJ‐CM1)のミルが使えません

 1年余り毎日使ってきたが、ここになって良品無印のコーヒーメーカー(MJ‐CM1)のミルが使えなくなってしまった。購入時より、粉の粗さを調節できなくていたのだが、少し粗いのだが、仕方がないので我慢して使用してきた。しかし、ここになって、粉とは言えないほどの粒々で、コーヒーの味が出ない。しょうがないので、昔買い求めて使用してきた市販品のコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

良品無印のコーヒーメーカー(MJ‐CM1)は落第点

 発売以来話題となり、予約が殺到し、予約待ちが長く続いた良品無印のコーヒーメーカー(MJ‐CM1)も丸1年間使い続けて来て、ようやくその評価を下すときが来た。  結果は良品無印のコーヒーメーカー(MJ‐CM1)は落第点である。  使用し始めて、最初に気が付いたのは時計の遅れである。月に1分以上遅れるが、タイマーでコーヒーを入れるので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

良品無印のコーヒーメーカー(MJ‐CM1)が故障しました

 昨年(2017年)3月1日に届いて、それ以来毎日使用して来た良品無印のコーヒーメーカー(MJ‐CM1)が故障したので今日修理に出した。3日前からお湯が上がって行かず、ドリップできないでいた。しかし、連休中だったので連休明けを待って修理に出した。3ヶ月前からE05のアラームが付くことが度々あったが、どうやら接触不良と思われる現象だったの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

良品無印のコーヒーメーカー(MJ‐CM1)が届きました

 予約開始日の1月31日には予約完売となっていた良品無印のコーヒーメーカー(MJ‐CM1)も翌2月1日には予約可能となり、3月1日以降の配達分を予約できた。2月1日には「[無印良品]MUJI.netメンバー登録完了のお知らせ」と「[無印良品ネットストア]ご注文ありがとうございました。」のメールが入っていたが、その後は何の連絡もなかった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豆から挽ける良品無印のコーヒーメーカー(MJ‐CM1)

 1月31日(火) 22時00分~22時54分に放送の「ガイアの夜明け」を見た。前半は外蓋と内蓋との間に水を入れて蒸気で蒸して炊き上げるバルミューダの炊飯器、後半はコーヒーミルにこだわった豆から挽ける良品無印のコーヒーメーカー(MJ‐CM1)である。  バルミューダの炊飯器はハードには素人であるプログラマーが開発した炊飯器であり、加熱…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more